About

This blog is for my son, Hugo Oliver Daisuke Young.  My name is Richard.  I am a British citizen and I work in the legal field in London, England.

Hugo was born at 7.01pm on Friday,  November 28th, 2008 at the Princes Royal University Hospital near Bromley, just outside London.  He was born at the same time, and had the same weight, as I was, almost exactly 31 years earlier.   His mother, Masako, a Japanese, and I married on Friday, July 19th, 2002 in Yokohama, Japan.  We had met in London in late 1999 and lived and worked in Japan between 2001 and 2002, as soon as I had finished my legal studies, before returning to the UK in the autumn of 2002.

On Sunday, November 20th, 2011, although I did not realise it at the time, Masako abducted Hugo from London’s Heathrow Airport Terminal 3 (ANA flight NH202) to Tokyo with an onward connection to Hiroshima.  I have not seen my son for a single moment since that date, despite having been to Japan for that purpose.  I do not know whether I will ever see him again, either as a child or as an adult.  I miss the happy, adorable and clever little boy every moment of every day.

The above is, obviously, just a short factual summary but I shall expand on it in due course once I get used to navigating around this blog.

This blog is being set up one year to the day after Hugo’s abduction primarily so that I can re-establish contact with, and then keep in touch with, my son.  A secondary objective is to raise awareness of the issue of international parental child abduction and provide what I hope might become a  useful resource in terms of the issue in the context of Japan, particularly by drawing on my knowledge of the law.

Tuesday, November 20th, 2012

London, England

このブログは私の息子、ヒューゴオリバー大輔・ヤングのためのものです。私の名前はリチャードです。私は英国の市民と私はロンドン、イギリスの法律分野で働きます。

ヒューゴは、ちょうどロンドン外に、ブロムリー近くプリンセス王立大学病院で11月(金曜日)28日、2008年7.01pmで生まれました。彼は同時に生まれた、と私はほぼ正確に31年前に、あったように、同じ重量を有していました。彼の母、雅子、日本語、私は横浜、日本では7月(金曜日)19 2002年に結婚しました。私たちは、1999年後半にロンドンで会ったと私は2002年の秋に英国に戻る前に、私の法的研究を終えたとすぐに、住んでいて、2001年と2002年の間に日本で働いていました。

私は一度それを実現しなかったが日曜日に​​、11月20、2011、雅子は広島への以降の接続では、ロンドンのヒースロー空港ターミナル3(ANA便NH202)から東京へヒューゴを誘拐しました。私はその目的のために日本にあったことにもかかわらず、その日以来、単一の瞬間のために私の息子を見ていません。私は私が今まで子供として、大人としてのいずれかで、再び彼を見ることができますかどうかわかりません。私は、幸せな愛らしいと巧妙な小さな男の子毎日のすべての瞬間を逃します。

上記は、明らかに、わずかな事実の概要ですが、私はこのブログの周りに移動するに慣れる私は、やがてそれを拡張しなければなりません。

私はとの接触を再確立してから、私の息子、との接触を保つことができ、主にように、このブログはヒューゴの拉致の翌日に1年に設定されています。第二の目的は、国際的な親による子の奪取の問題の意識を高めるため、私は、特に法律の私の知識に描画することにより、日本の文脈で問題の観点から有用な資源になるかもしれない願っていますものを提供することです。

2012年11月20日(火曜日)

ロンドン、イングランド

 

Hugo on floor September 2009 1 zoom

 

Hugo

ヒューゴー

Advertisements

One thought on “About

  1. Pingback: Five Years of Separation – Message to Hugo | hugojapan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s